読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネット・リサーチ ネットで見つけた気になる商品

私がネットで見つけた気になる商品やサービスをご紹介します。

処方箋不要のコンタクトレンズ通販は違法なの?

美容と健康

コンタクトレンズ楽天などで購入しようとネットで検索すると、処方箋不要のコンタクトレンズ通販を多々見かけますがこのような通販業者は、眼科専門医と違って信用できるのでしょうか? 

処方箋不要は違法行為になるのでしょうか?と心配される方も多いと思います。

 

f:id:netResearch:20150826211215j:plain

 

■処方箋不要でコンタクトレンズがなぜ買えるの?

実は厳密に言うと「コンタクトレンズ処方箋」というものは存在しません。

何故なら、コンタクトレンズは処方箋を必要とする「医薬品」ではないからです。

コンタクトレンズは「高度管理医療機器」です。)

コンタクトレンズ処方箋と呼ばれているものは、あくまでも「装用指示書」であり、

医師が薬剤師に宛てた処方箋とは異なります。薬事法上、コンタクト購入時に処方箋

装用指示書)を提出しなければならない法的義務はないのです。

  〈大手のメガネ・コンタクトの店頭販売業者のサイトから引用〉


そこでコンタクトの通販販売の違法性、危険性について質問ですが。

 

●処方箋不要の通販での危険性とはどんな場合でしょうか?

基本的には通販での購入が危険ということはないようです。
しかし、面倒くさがって通販でばかり購入して眼科を受診しないことが危険なのです。

自覚症状の有無にかかわらず、少なくとも半年に一回は眼科を受診して、裸眼・矯正
視力を測り、目の表面の傷や眼底の様子を診てもらいましょう。
もし傷があればドライアイのチェックをしてもらって眼の健康を守ることが大切です。

 

●通販によるコンタクトレンズ購入は合法か違法?

法律面からみると合法です
通販会社が販売してはいけないという法的制約はありません。

 

あくまでも、厚生労働省が眼科で検査・診察を受け処方されたものを使いましょうと「推奨」しているのですが、コンタクトレンズ販売店に対して、販売時には必ず処方箋を確認するような通達が出ました。
厚労省のこの通達は、法的な拘束力はありませんが改めて周知する形になりました。

 

尚、病院が病院会計窓口でコンタクトレンズを販売することは違法とされています。
別にコンタクトレンズの取扱店を設けて、コンタクトレンズ店の会計窓口で販売しなければいけません。


コンタクトレンズ通販での購入のメリット・デメリットは?

やはり最大のメリットは便利さと安さでしょう。一度、コンタクトレンズ通販での購入をすればリピートも簡単で、まとめ買いで購入すれば割引や送料無料など安さが魅力です。

デメリットは特にないようですが、何か商品が原因で問題が起きた場合に通販会社が賠償するケースは少ないと思われます。


基本的な賠償を求めるのであればコンタクトレンズを製造しているメーカーです。


ですから、メーカーとのやり取りも「自己責任」でやってと言われて責任転嫁されてしまうことでしょう。メーカーとのやり取りが結構、面倒くさいのです。

これが眼科医から購入していればメーカーとのやり取りは眼科医がしてくれます。

その眼科医のメーカー担当者が会社へ持ち帰り、どう保障してくれるかの報告を眼科医がしてくれるので安心な面はもちろんあります。

処方箋不要を謳っている通販業者は厚労省からの通達が行き届かないか?確信犯で通達を無視してる場合が考えられます。


このような通販業者を信用するかは、あくまでも「自己責任」となりますが、処方箋不要を謳っている通販業者自体は、違法行為ではありません。

 

 

※承認済みの国内流通正規品のみを取り扱って知事の許可のもと、改正薬事法に基づき販売・運営をおこなってる安心・便利・格安なコンタクトレンズ通販の専門店です。
あなたがお使いのコンタクトレンズは、こちらから詳しい商品説明をご覧下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 ネットで見つけた気になるコンタクトレンズ通販商品のご紹介でした。

 

 

また是非遊びにきて下さいね!!

広告を非表示にする